効率よく仕事ができる|オフィスジャパンの代行業務を有効活用

営業活動のシステムを使う

女性

営業支援のシステム

SFAは、営業管理を行うシステムのことであり、近年では多くの企業で導入されている。企業においては、様々な取引先と商談を行なったり取引を行っている。これらの情報については、営業担当者のみが把握していると、その担当が不在になった場合、他の人が代理で対応することができなくなる。また、商談の経過状況なども逐次把握しておく必要がある。商談の状況によっては、上長が介入することなどにより良い方向に持って行ける可能性が有るためである。また、既存の顧客との取引状況を把握することや、既存顧客に対して別の商品を売り込むなどの必要性も出てくる。これらについて、社員個人などが把握していくことが難しいため、SFAが導入されてきている。

上手に活用しょう

SFAは、顧客との取引の状況や今後の予定など取引に関する全般について管理できる。SFAを活用することで、営業マン個人での活動ではなく、会社全体としての活動に繋げていくことができる。特に大型の案件などでは、多くの社員が関わって対応していく必要がある。これらの際には、情報を共有しメンバが足並みをそろえて対応して行かなければならない。SFAを活用することで顧客や営業活動に関する情報をメンバ間で共有できるため、足並みをそろえるために効果が大きくなる。また、クレーム対応などに付いても情報を詳細に把握しておかないと、顧客を失うことになりかねない。それらについても、SFAを活用することで効果的に把握していくことができる。